不動産の内覧で確認したいこと

より良い暮らしを支える物件さがしに役立つサイト

良くない物件を避けるために

近頃の物件決めは内覧をせずにネット上の画像で判断し、契約をするという人もいるそうです。当然この方法にはメリットがあります。遠隔地の大学に入校することが決定したとき、現地に行かなくてもいいので交通費や時間の節約になります。また、同じ大学に進学した人も同じ地域に住むことになり、時期が重なるとよい物件は早い者勝ちになってしまいます。そのため、早く住居を決められるということはそれだけアドバンテージとなります。
しかし、自身が長い間住む場所を決めるのです。自分の目で確かめたほうが確実でしょう。ネットで部屋の中を見ることができるといっても限界があります。部屋の大まかな雰囲気が分かっても押し入れの端などは画像では確認できません。細かいところは自分の目で確認するしかないのです。
また、天井の高さ、部屋の広さなどは画像で見たときと実際にその場にいる時ではまるで感覚が違ってきます。画像で見た感じではもっと広かったはずなのに思ったほどではない、などといったことがあります。そんなことを避けるために実際に内覧して確認するべきなのです。
それでは具体的にどんなところを確認すればいいのでしょう。
いきなり言われても想像がつかないかもしれません。どんなところを見ればいいのかをこのサイトで紹介、解説します。
また、人は失敗から学ぶ生き物です。物件を選ぶうえでいろいろな方の失敗談を紹介します。様々な例を知り、良い物件を見つけましょう。

なぜ物件を内覧するのか

住むなら良い物件に住みたいでしょう。そのために物件の内覧をします。 その際、家賃などの値段が気になるかと思いますが、アパートやマンションなら共用部分も確認するべきです。 なぜ部屋の中ではなく外を確認するのか、家賃でどんなことが判断できるのかを解説していきます。

皆さんの失敗談

他人のふり見て我がふり直せ、他山の石とする、などといったことわざがあります。人のことを見て自分の過ちを直す、失敗をしないようにするといった意味です。 このページではいろいろな人の失敗談を紹介していきます。物件選びで失敗しないように参考にしてください。

物件の中と外で見るところ

物件の内覧ではどんなところを確認すればいいのでしょう。実は部屋の中だけではなく、外でも確認したほうがいい点があります。 それは前にページにも記載しましたが、主に共用部分です。 中と外でどこを確認したほうがいいのか、なぜ確認したほうがいいのかを解説します。